歯周病治療
歯周病治療

shisyu01

shisyu1

近年歯周病は生活習慣病として位置づけられ、食習慣、歯みがき習慣、喫煙、糖尿病などが歯周病を悪化させる事が分かっています。

したがって歯科医や歯科衛生士のみの治療だけでは十分な治療効果があがらないことがあります。

患者さん個人の生活習慣の改善、自助努力も歯周治療の成否に大きく関与しています。

初期の歯周病は歯茎(歯肉)に限局した炎症(歯肉炎)ですが、進行すると歯肉の深部にある顎骨(歯槽骨)までに炎症(歯周炎)が波及し骨が吸収していきます。

歯肉炎の状態であれば元の健康な状態に戻りますが、歯周炎まで進行するとどんなに優れた治療を行ったとしても元の健康な状態には戻りません。

従って歯周病は虫歯と同じで、病気になってから治すという考えではなく、病気を予防しコントロールしていくということが非常に重要となります。

歯周病の一番の原因は口の中に常在する細菌=歯周病菌で、その菌が体の免疫力や治癒力を超えると発症します。

歯周病菌は20歳前後で感染することが分かっており、おそらくキスなどの性感染が原因ではないかと考えられています。(パートナーの口の中が影響を及ぼすということです)

細菌の量を病気が発症しない範囲にコントロールする、細菌の質を病原性が高まらないようにコントロールする、本来体が持つ免疫力を低下させないようにコントロールすることが重要です。

 

 

shisyu02

shisyu2

歯や口は、消化器官の一部としての役割をもっていると同時に、体全体ともつながっていることも再確認することが重要です。

口は体の入り口です。

川の上流が汚れているとその川は下流まで汚れてしまします。

歯周病が口のなかに限局しているだけでは、全身にとってはそれほど大きな問題にはならないのですが、長期間慢性化することによって、病原性をもった細菌が血液中に入りこんだり、飲み込まれ口から離れた心臓、脳、肺、腸などの遠隔臓器に行き着き、そこに新たな病気を起こす可能性を高めます。

以前当院に研修にきた歯科医師のお父様は、日本でも非常に有名な心臓外科医でしたが、心臓が悪い患者は間違いなく口の中の状態が悪いと仰っていたそうです。

天皇陛下の心臓手術を執刀した天野先生も全く同じことを書かれています。

 

私が大学病院勤務時代に老人ホームに歯科治療にいっていた時、認知症の方のほとんどはご自分の歯がない方達でした。

ご自分の歯で噛むことは脳の活性化に大きく関係していることも分かっています。(歯周病は歯を喪失する原因のNo.1です)

歯の数と認知症に相関があることがわかっています。

 

歯周病を予防し、コントロールすることは、単に歯や口の健康を守るのみならず、全身の健康をも守ることにつながり、人生80年の高齢社会を豊かで快適に過ごすために極めて重要となることを理解しておいてください。

私は歯周病専門医としてこれからも研鑽を怠らず、皆様の健康に貢献することを自分の存在意義として世界基準の歯科医療を提供していきたいと考えています。

 

 

btn_syorei_03
btn_movie_03