治療の流れ
治療の流れ

1.問診票の確認・お話を伺う

このページでは治療に入るまでの流れに関して説明していきます。

 

当院は患者さんのお話・希望を伺い、我々は専門家としての知識、技術を提供し生涯にわたる健康に貢献したいと考えています。

患者さんには知る権利、我々医療従事者は説明する義務があると考えています。
記入いただいた問診票を基に、お痛みや緊急性のある場合はその部位の応急処置を行います。

緊急性がなければ検査を行います。

 

※お願い

当院はしっかりした治療・やり直しのない治療を行うため、複数の診療台を歯科医師が行き来しながら患者さんを捌くという治療は行いません。

したがって1日に診ることが出来る患者数に制限が出てきます。

時間帯によっては予約が取りにくいことを何卒ご了承ください。

 

また、予約の患者さんが来院している場合は、初診の患者様はお断りしております。(約束を取られた患者さんの時間を大切にしたいからです)

当日のキャンセルは何卒お控えください

2.検査

治療にあたりまずは患者様のお口の中がどのような状態にあるのか調べる必要があります。

ここを間違うと治るものも治りません。

 

当院は従来の病気を見つけ対処療法を行うだけの医療だけではなく、病気になった原因を見つけ取り除く医療を行いたいと考えています。

 

インプラント治療を希望されている患者さんにインプラント治療だけを行ったとします。

歯を失った原因を取り除かないままでインプラント治療だけを行なったとしたら、次はインプラントが駄目にはならないのでしょうか?

虫歯の治療だけで終了し、虫歯の原因を見つけ取り除かないままでは、また虫歯が出来てしまうのではないのでしょうか?

 

治療の前に、まずはお口の中、身体の状態を調べる必要があります。

まずは以下の検査を行います。

 

1.レントゲン写真

2.チャート診査(歯周病診査)

3.口腔内写真

4.全身写真(姿勢、体のゆがみを撮影します)

<レントゲン診査>
nagare_01

口の中の病気は、痛みが出ないうちに進行するものが多くあります。
日本人80%が罹っているといわれている歯周病、根の先の骨が溶け膿がたまる根尖性歯周炎(根尖病巣)は骨の病気であるため外からは見えません。

歯と歯の間・詰め物と歯との間に出来た虫歯も外からは発見できないことがあります。

これらはレントゲン写真を撮ることで発見できます。

 

<チャート診査>
nagare_02

日本人の80%が罹っていると言われている歯周病。

あなたも程度の差さえあれ歯周病になっている可能性が高いのです。
歯と歯茎の境目にある溝の深さ(ちょうど爪と指の間のような溝があります)を、目盛りが着いた器具で測定します。
レントゲン写真と併用することで、より精度の高い歯周病診断が可能となります。

 

<口腔内写真>
nagare_03
自分の口の中を詳しく見たことがある方は殆んどいらっしゃらないかと思います。
ここに虫歯がある、歯茎が炎症を起こしている、歯ブラシが当たっていない、被せものの状態が不良等、患者さんが自分の体の状態を知る上で欠かせない検査です。

我々歯科医師が診断、治療計画の立案のためにも必要です。

 

<全身写真>
お口の中と全身は密接に関係しあっています。

お口の中や顎の関節にトラブルをかかえている方の多くが、体のあちこちにゆがみ・ズレがある事がわかってきました。

頬杖や横向き寝をする方は目の大きさや、頬の張りに左右差が生じており、歯並びにも左右差が生じています。
歯だけの治療を行っても、また悪くなる方がいらっしゃいます。
姿勢の写真を撮る事で悪くなる原因を発見出来ることがあります。当院は木(歯)も森(身体)も見る医療を目指しています。

oral01_1

 

<CT撮影>
より詳しい診断が必要な場合はCT撮影を行います。

about01

3.患者さまへの説明

flo_img01

プライバシーを考慮し、検査結果の説明を個室で行います。
どこがどのように悪いのか、なぜ悪くなっているのか、病気の原因を取り除くためには何を行わなければならないのか、どのような治療が必要なのか、複数の治療が選択可能な場合はそれら治療法の利点欠点の説明を行います。

 

早めの治療が必要な部位は応急処置を行います。

その後は患者さんの健康を底上げするため、病気の原因を取り除くためのアプローチを歯科衛生士が行なっていきます。

4.治療の計画の立案、相談

複雑な治療では検査結果と患者様の希望(出来るだけ自分の歯を残してほしい。治療費を抑えることよりも自分の健康に対しベストの治療方法を提案してほしい。治療費を出来る限り抑えてほしい等)を反映させ、治療計画を立案します。

患者様の希望・想いは皆様々です。
「取り外し式の入れ歯が外れにくくなればいい」
「入れ歯はいや、固定式の歯にしたい」
「見た目も天然の歯と見間違うような美しい歯にしたい」
「見た目は気にしないが、何でも噛めるようにして欲しい」
「予算や治療期間の制限がある」

お口の中の状態、患者様の希望でも治療法は変わってきます。
医療の発達に伴い様々な治療法が生まれ、選択可能な時代に来ています。

5.治療のスタート

我々が掲げている「自分が行きたい歯科医院」は、治療にもあてはまります。
世界中の歯科医師が見ても、高い評価をしてもらえる治療を患者さんに提供出来るよう、スタッフ一同研鑽を積んでおります。
自分が患者だったらどうするかを考え治療に望みます。

1.歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士がチームとなり治療方針を立案・共有し治療に臨みます。

2.まずは病気の原因の取り除き方、指導を担当歯科衛生士が行っていきます。

3.原因除去がある一定の水準に達してから歯科医師が治療を行っていきます。

4.出来る限り歯を保存する治療を行います。