消毒・滅菌
消毒・滅菌

 

syodoku01

syodoku01

cle_img01

澤本歯科医院では患者さんに使用した器具は当院では消毒・滅菌専属のスタッフ(歯科衛生士)が消毒・滅菌し、保管・使用しています。
肝炎、エイズ、梅毒などは一般の方の想像以上に多くの日本人が感染しており、社会問題になっています。
歯科治療は唾液・血液等の体液が必ずと言っていいほど器具に付着するため、消毒・滅菌がおろそかだと患者さんの間でこれらの病気がうつってしまう可能性があります。

当院では「自分が行きたい歯科医院」という基本理念のもと、来院して頂いた患者さんを家族と考え、安心・安全な治療を受けていただきたいと考えています。
そのために消毒・滅菌をはじめとする院内感染予防にも力をいれています。
使用している器械、消毒薬は感染予防先進国のヨーロッパ製のものを多用しています。

患者さんに使用する器具は、高リスク・中リスク・低リスクのリスクレベルに分ける事ができ、それぞれの処置法で滅菌・消毒・洗浄を行っています。

 

リスクレベル 対象物 対処法
高リスク バー・ファイル・リーマー類・スケーラー・基本セット・外科 cle_img02 滅菌
中リスク 咬合紙ホルダー・口角鉤・口腔内ミラー類など cle_img03 消毒
小リスク 診療台・ゴーグル・印象用スパチュラなど cle_img04 洗浄

※澤本歯科は中リスクの器具でも口の中に入れるものに関しては滅菌を行っています。

 

 

syodoku02

syodoku02

澤本歯科医院では次のような流れで消毒・滅菌を行っております。

①タンパク除去液につけます
cle_img05 cle_img06
<使用薬液:ハイジーンウォッシュ

患者さんのお口に使用した器具には唾液や血液が付着し、その中に菌やウイルスがいます。それらを全部、除去するため使用します。

超音波洗浄にかける前に、必ずタンパク質をきれいに溶かす必要があります。

②超音波洗浄機で洗浄します
cle_img07 enzymax
<使用薬液:ENZYMAX

超音波で洗浄することによって、目に見えない汚れや菌を確実に落とす事ができます。

手洗いを行っている診療室が大部分ですが手洗いでは洗浄出来ない細かな所まで超音波洗浄機では洗浄・消毒することが出来ます。
この工程でウイルスは不活性化(人にうつらなくなる事)してしまいます。

③薬液を完全に洗い流し、乾燥させます
cle_img09
超音波洗浄をした後の薬液を完全に洗い流し乾燥します。
水分が残ったままだとこの後に行う滅菌処理がうまくいかないため、しっかりと乾燥させる必要があります。
④消毒を終えた器具類を滅菌し保管して終了です
cle_img10 cle_img12 cle_img13
クラスBオートクレーブ リサ※1 クラスNオートクレーブ デントクレーブ ホルホープ※2

<オートクレーブ:デントクレーブ・リサ
リサはコンピュータ制御で器具の中を真空にしながら高温高圧の蒸気を入れていきます。チューブ、布の中など複雑な物の中にまで蒸気を入れることができます。
非常に高額な滅菌器であるため、2010年現在、長崎では3台しかない最新の器械です。
リサについて詳しくはこちらへ>>

 

<ホルマリン殺菌器:ホルホープ>
ガス消毒。リサやデントクレーブの高圧蒸気滅菌器に入れることのできない熱に弱い器具を滅菌する器械です。

 

<ダックユニバーサル>

従来当院では歯や被せ物、入れ歯を削るハンドピースといわれる器械を滅菌担当者が手作業で外部を清拭 消毒→自動注油機にて内部洗浄 注油→クラスBオートクレーブ滅菌という流れでしたが、この機械はその作業を全て自動で行う非常に優秀な滅菌器です。

pi_einstiegsseite_dac_unviersal_646

 

 

 

 

 

syodoku03

syodoku03

 

グローブ・注射針・紙コップ

紙コップ・エプロン・グローブ(ゴム手袋)・注射針は患者さん一人ひとりに交換しています。
唾液の中には菌がたくさんいるので、次の患者さんに病気を使用しうつしてしまうことは、避けなければなりません。
スタッフ一人ひとりが心がけて治療を行っています。

 

以下の動画はなぜ歯科治療においてこのような対応が必要かをわかりやすく理解できます。「もし唾液が赤かったら」

2分15秒過ぎから見てみてください。

 

ユニットやキャビネットの消毒

患者さんの治療が終わり退室された後、アルコールやイソラピッドで毎回椅子や診療台の消毒や使用した器具のカバーの張り替えをしています。
治療ではタービン(歯を削ったりする器具)などの水や空気が噴き出す器具を使用するため、唾液や血液が色々な所に飛び散ってしまいます。
椅子や診療台は滅菌できないため、バイオトロールと言われる消毒薬を吹きかけたり、専用の消毒薬が染み込んだスワイプで清拭しています。

 

これらの作業は機械ではなく人が行わなければならないため、歯科衛生士や歯科助手が従来の仕事の兼業で行った場合、状況によってはおろそかになる可能性があります。

当院では消毒・滅菌専属のスタッフ(歯科衛生士)を雇いこれらの項目を行なっております。

 

IMG_1503

ライトのカバーの張り替え

s_yajirushi IMG_1502 s_yajirushi_r IMG_1454

器具や取っ手のカバーの張り替え

椅子や診療台は毎回専用の薬剤を使用し、消毒しています。

霧吹きで吹きかけて30秒ほど放置してふき取っています。

<使用薬剤:バイオトロール>

bio

 

 

syodoku04

syodoku04

cle_img14

欧州の新基準をクリアした高度な滅菌レベル

患者さんが安心して歯科医療を受けられる最も重要な条件のひとつ、それが徹底した衛生管理です。お口に直接触れる器具 はもちろん、治療で使用するものには常にウイルスレベルでの滅菌が不可欠です。澤本歯科医院ではこの滅菌システムを採用することで、高い安全性と信頼の歯 科医療を患者さん一人ひとりに提供いたします。

cle_zu